> 逆指値(ストップ注文)

日経225(先物・mini・オプション)の用語集

逆指値(ストップ注文)とは

通常の指値注文とは逆に、「いくら以下になったら売る」もしくは「いくら以上になったら買う」という注文方法。おもに損失を限定してリスク管理するために用いるため、ストップ注文とも呼ばれる。