新しい株価指数取引がスタート

くりっく株365をはじめるならココ!

フジトミ×くりっく株365フジトミ
フジトミがついにくりっく株365に参入!くりっく365の情報に特化した「e-profitFX プラス株365」、分析ツール「ポジション・トレーダーPRO」が利用可能!また取引時間中もスタッフが24時間フルサポート 。PC操作が苦手な方にはリモートサービスもあります。

M2J×くりっく株365M2J
M2Jだけの発注管理機能「トラリピ(R)」は、指数を扱う金融取引に対して大きな効果を発揮し、個人投資家の資産運用をサポート。一度の発注で何度でも利益が狙えるマネースクウェア・ジャパン独自の機能で多くの投資家に支持されています 。

くりっく株365とは

為替に加え株価指数を新たに上場
くりっく株365とは、FX(為替証拠金取引)のクリック365の対象だった外国為替に加え、従来の株価指数証拠金取引(店頭CFD)とは異なる、【新しい差金決済型の取引所CFD】を市場に提供し、投資家のニーズに応える取引所株価指数証拠金取引です。

【くりっく株365の概要】
■取扱株価指数:日経225、DAX、FTSE100、FTSE中国25、FTSE TWSE台湾50
■取引時間:ほぼ24時間/1日
■金利相当額・配当相当額の授受
■取引単位:日経平均株価×100倍(日経225証拠金取引の場合)
■証拠金基準額は週次の見直しでリスク管理

くりっく株365の特徴・メリット

取引期限がない
保有する建玉を決済しない限り、自動的に翌取引日にロールオーバー(繰り越し)されますので、取引期限を気にせず取引をすることができます。

日経225がほぼ24時間取引できる
現物の株式市場と異なり、「くりっく株365」の日経225証拠金取引では、ほぼ24時間の取引が可能となります。

レバレッジ効果で投資資金以上の運用が可能
証拠金を担保として、その数倍の金額(取扱会社によって異なります)を運用することで、少額の資金で多額の利益を得ることが可能です。

「買い」からも「売り」からも取引できる
くりっく株365は株価指数の上昇局面でも下降局面でも利益を狙うことが可能です。

証拠金の保護
投資家の証拠金は全額取引所がお預かりしており、「くりっく株365」の取扱会社が万一破綻したような場合でも、金融取に預託された証拠金は原則、全額保護されます。

金利相当額は一本値
受取側と支払側とで金利相当額を同額(一本値)に設定しています。また、その算出には日本銀行の政策金利である無担保コール翌日物誘導目標を利用するなど、投資家にわかりやすい商品設計としています。

くりっく株365と日経225miniの違い

「くりっく株365」は従来の株価指数先物取引では満たされなかった投資家のニーズに応える商品性を備えています。

  くりっく株365 日経225mini
取引期限 なし あり(約3ヶ月)
取引期限 受払いあり 受払いなし
配当相当額 受払いあり 受払いなし
取引時間 8:30〜翌6:00
9:00〜23:30
取引成立方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
呼び値単位 1円 5円
ロスカットルール あり なし
※米国ニューヨーク州 夏時間適用期間は、8:30〜翌5:00まで

くりっく株365と店頭CFD取引の違い

株価指数を原資産とする証拠金取引には、「くりっく株365」と「店頭取引」があります。店頭取引は株価指数「CFD」(差金決済取引)と呼ばれています。

  くりっく株365 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間 原則、土・日・祝祭日
(現地株式市場)を除いた毎日
ほぼ24時間取引可能
(海外株価指数を除く)
取扱会社によって異なる
税率 雑所得扱い
申告分離課税方式が適用され、
税率は一律20%
雑所得扱い
総合課税方式が適用され、
税率は所得額により15〜50%
翌年度以降への
損失繰越
確定申告により可能
(最長3年間)
不可
損益の通算 証券・商品先物取引などと
通算が可能
不可
投資家保護
(一般投資家)
投資者保護基金の対象
一般顧客1人につき1000万円上限
適用されない
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格で取引ができる CFD取扱会社により提示された価格での取引
金利相当額 売り方が受け取る金利相当額と
買い方が支払う金利相当額は同額
投資家が受け取る金利相当額は少なく、投資家が支払う金利相当額は多く設定されることが多い