株式投資との違いをチェック

高いレバレッジ効果

日経225先物(mini)・オプション取引は、現物株式の取引と異なりレバレッジ効果があります。レバレッジ効果とは「てこの原理」のことで、少ない資金(証拠金)で多額の取引ができることにより、効率よく運用ができます。

例えば、通常の株式投資では100万円の株を買うには資金が100万円必要ですが、日経225miniなら約10万円の証拠金を預ければ100万円分の取引ができるので、10万円で100万円投資したのと同じだけ利益を生み出す効果があります。

ただし、予想がはずれて思わぬ大きな損失を被るリスクも同時に存在することを考慮する必要があります。

日経225は個別銘柄を選ばなくてよい

4000銘柄もある個別株式から、コレ!といえる銘柄を選ぶのは大変です。しかし日経225先物なら、銘柄ごとの株価や業績をいちいちチェックする必要はありません。

日経225先物や日経225miniの対象となる日経平均株価に影響を与えるのはマクロ的な経済指標(GDP・機械受注・雇用統計など)です。日本経済や世界経済の大きな流れをつかむことが重要。そのためテクニカル分析が生かせます。

日経225は倒産のリスクがない

個別銘柄の場合は株式を買った会社が倒産したら、最悪の場合、株が紙切れになるリスクがあります。日経225先物にはそういったリスクはありません。

日経225は「売り」からも入れる

日経225先物・オプション取引とも買建・売建が可能なので、上げ相場・下げ相場どちらの局面でも収益チャンスがあります。

日経225は諸経費がかからない

日経225先物・オプション取引にかかる諸経費は手数料とその消費税のみ。信用取引のような金利・管理料などはかかりません。

日経225は流動性が高い

マーケットの参加者が少ないと、思ったように売買ができないといった問題が生じることがありますが、日経225先物(mini)は国内外の多くの投資家が参加しているので、個別株と比べても流動性が高く、安心して成行注文が出せます。

また差金決済なので、現物株のように受け渡し日を待たずに次のトレードが開始できます。

日経225にはイブニング・セッションがある

サラリーマンなど昼間は忙しくてトレードができない、という人もイブニングセッション(後場の立会時間後の夕場取引)で取引ができます。

先物とオプションを組み合わせた取引が可能

先物とオプションを組み合わせることで、トレンドの幅をとらえリスクを限定した合成ポジションを組むこともできます。