少ない資金で大きな取引ができる

概要

日経225先物とは、日経平均株価を対象にした株価指数取引で、将来の日経平均株価(日経225)を株式のように市場価格で売買する投資商品です。

通常の株式投資が値上がりを待ち、中長期にわたって保有できるのに対し、日経225先物取引は限月と呼ばれる満期日までに決済を行います。

期限までに決済しない場合、SQ値と呼ばれる満期日の最終清算指数で自動的に決済され、取引が終了します。

なお、mini(ミニ)に対し通常の日経225先物は「ラージ」と呼ばれます。

日経225先物の魅力

日経225先物はレバレッジ効果(てこの原理)が働くので、少ない資金で大きな取引ができ、株式の信用取引のような「金利」や「貸株料」も必要なく低コストです。

また、日経平均株価が対象なので個別の銘柄を選択・分析する必要がなく、また各企業の倒産リスクを避けることができます。

さらに、買いと同じ条件で売りからもスタートできるので、利益を獲得できるチャンスが2倍あることも魅力です。

日経225先物の取引・注文方法

売買したい限月(満期日のある月)の日経225先物の価格を1,000倍した金額が最低取引単位(1枚)の取引額となります。

その取引額に応じた証拠金が必要で、注文するときは単位(枚数)で注文します。株式投資のように成行・指値などの注文方法があります。